話題トレンドまとめ

六甲山子犬が保護された動物病院はどこ?入院費用はどれくらいかかるのか?

現在、神戸市灘区にある六甲山付近で手足を粘着テープで巻かれ衰弱していた子犬が保護されました。

子犬の顔写真は公開されていて、本当に弱り切った体が映されていてショックを受けますが、瞳には生気が宿っていてひとまず安心をしています。

この子犬は、個体識別用のマイクロチップが埋め込まれていたことから飼い犬だということが判明し、どこのペットショップで引き取られたのか、また引き取った容疑者は誰なのかというところまで判明している段階です。

現在、警察が容疑者を事情調査という形で聞き込みをしていますが、名前を明らかにされていません。

みんなの声としては、こんな酷いことをした飼い主には責任をとって欲しいとの声が多数上がっていて、名前公開を要求しています。

本当に心が痛くなる事件なので、名前や顔写真を公開した方が良いのではとすら思ってしまいます。

そして、今後の子犬が何かしらのトラウマを抱えてしまうのではないかと凄く不安になります。

ただ、今回は、子犬が保護され現在入院している場所と入院費用について調べてまとめました。

六甲山子犬が発見された場所はどこ?

事件詳細ですが、兵庫県神戸市灘区「表六甲ドライブウェイ」の路上で、市内の30代の男性により発見されました。

色のトイプードルで、布製の粘着テープが後ろ脚に縛るように巻かれていた。前脚にもはがれかけのテープが付いた状態だったみたいです。体は衰弱し切っていて、近くのコンビニでドックフードを買ってあげたら、勢いよく食べたそうです。

本当に、この男性の優しさには感謝しています。もし、この男性が通りかからなければと思うとゾッとします。

ちなみに表六甲ドライブウェイの場所はここになります。

六甲山子犬が保護された動物病院はどこ

その後、発見した男性によって兵庫県警葺合署に運ばれ、同署が保護し神戸市中央区の動物病院で受診をされています。

動物病院はいくつかあり、このうちの一つで現在も保護されていて、療養をしていると考えられます。

もしかしたら、近いうちに元気な姿を見ることができるかもしれません。

神戸市中央区にはたくさんの動物病院があるみたいで、この中から兵庫県警葺合署に近い動物病院をいくつか挙げさせて頂きます。

キャラメル動物病院

〒651-0078 兵庫県神戸市中央区八雲通3丁目1−18

兵庫県警葺合署から一番近い場所にあり、朝9時からの営業なので警察もここを検索して連れっていたったのかもしれません。

また口コミ件数も多く、評判がいいため、ここの病院なら安心できますね。

7歳のトイプードルを飼っています。 2年程前からお世話になってます。 前の先生の時に1度院内を見せて貰った事があり、お世辞でも感じの良い先生とは言えず、診察をしてもらいませんでした。 今の先生はとても感じも良く、金儲けをしようとしていないと言うか、必要最低限の処方と言うか、あれこれと売りつけて来ません。 動物と同じ目線に立ち動物と話してくれる所も好感が持てます! 病院の外観は少し古い感じで、昭和感すごく私も最初は迷いましたが、信頼出来る先生です。 そして、小洒落た動物病院に比べると診察料が安いので金銭的にも安心出来ます。

一応地図も貼っておきます。

KOBE三宮動物病院

〒651-0093 兵庫県神戸市中央区二宮町4丁目21−3−103

兵庫県警葺合署から2番目に近い場所にあり、もしかしたら警察もここを検索して連れっていたったのかもしれません。

評判もかなり高く、口コミでも先生の良さが伺えてとても安心できる動物病院だと言えます。

いつもとても丁寧に診察してくださり、分かりやすく説明もしてくださります。スタッフ皆さん対応も良いです。とても真摯に動物に応対してる先生です

一応、地図も貼っておきます。

 

フォーゲル動物病院

距離的には遠いですが、口コミの数が100件を超えており、かつ高評価のため、もしかしたら警察はこちらの方がより安心できると思い救助した子犬を連れて行ったのかもしれません。

住所は、〒657-0025 兵庫県神戸市灘区高徳町5丁目1−12−1

 

六甲山子犬が保護された動物病院の入院費用は?

救助された子犬ですが、当時はかなり痩せ細っており、衰弱しきっていました。

そのため、動物病院で保護された後も、療養として入院をしていたのではないかと思います。かなり衰弱しているので、長期的な入院になっていると考えられます。

下世話な話ですが、この入院費用はどれくらいかかるのかというのが気になってしまい、調べさせて頂きました。

基本的に動物は保険が適用されないので治療費が高額になることで知られています。

大型犬 1日あたり11,000円
中型犬 1日あたり10,000円
小型犬 1日あたり9,000円
1日あたり8,000円
全体 1日あたり9,000円

今回、救助された子犬は生後4〜5ヶ月のため、小型犬で考えます。

保護されたのが、4月2日で現在も入院していると考えると

5日×9000円で約4万〜5万円になると考えられます。

既に、飼い主は判明しているのでこの飼い主が払うことは絶対にしてほしいですね。