話題トレンドまとめ

西川美和の年収、趣味、学歴は?独身女性が貫く覚悟のカッコよさ!

この記事を読んで分かること

 西川美和の年収、趣味、学歴がわかります。

映画「素晴らしき世界」が凄すぎると話題になっていますよね!

人生の半分を刑務所に費やした人の人生を描いており、内容にも注目がいきますが、
その映画監督である西川美和さんも話題になっています。

「西川美和の年収、趣味、学歴は?独身女性が貫くカッコよさ」というタイトルで
西川美和さんの魅力に迫っていきます。」

 

西川美和のおさらい

西川美和さんは日本の映画監督、脚本家、小説家です。
小説では直木賞を受賞し、映画監督としても大活躍の天才です。

在学中にはすでに映画の助監督を務めていたというから、本当にカッコ良いです。

これを見ればわかるのですが、本当にすごい経歴ですよね。

  • 第58回毎日映画コンクール[脚本賞](平成14年/2002年度)『蛇イチゴ』《脚本》
  • 第58回毎日映画コンクール[スポニチグランプリ新人賞](平成14年/2002年)『蛇イチゴ』《監督》
  • 第25回ヨコハマ映画祭[新人監督賞](平成14年/2002年)『蛇イチゴ』
  • 新藤兼人賞[優秀新人監督 銀賞](平成14年/2002年)『蛇イチゴ』
  • 第7回みちのく国際ミステリー映画祭2003 in 盛岡[新人監督奨励賞](平成14年/2002年)『蛇イチゴ』
  • 第61回毎日映画コンクール[日本映画大賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • 第49回ブルーリボン賞[監督賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • 第58回読売文学賞[戯曲・シナリオ賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • 第1回インビテーション・アワード[クリエイター・オブ・ザ・イヤー](平成18年/2006年)
  • 第28回ヨコハマ映画祭[監督賞][脚本賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • 第16回東京スポーツ映画大賞[監督賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • 第21回高崎映画祭[最優秀監督賞](平成18年/2006年)『ゆれる』
  • |候補| 第20回三島由紀夫賞(平成18年/2006年度)『ゆれる』
  • |候補| 第141回直木賞(平成21年/2009年上期)『きのうの神さま』
  • 第60回芸術選奨文部科学大臣新人賞[映画部門](平成21年/2009年度)『ディア・ドクター』《監督・脚本》
  • 第33回日本アカデミー賞[脚本賞・最優秀賞](平成22年/2010年)『ディア・ドクター』《脚本》
  • 第33回日本アカデミー賞[監督賞・優秀賞](平成22年/2010年)『ディア・ドクター』《監督》
  • |候補| 第28回山本周五郎賞(平成26年/2014年度)『永い言い訳』
  • |候補| 第153回直木賞(平成27年/2015年上期)『永い言い訳』
  • |第4位| 第13回2016年本屋大賞(平成28年/2016年)『永い言い訳』

https://twitter.com/moomin_art78/status/1015723010160877568?s=20

 

年収は?

映画監督ですが、駆け出しでも年収400万円ほどみたいです。

で、西川さんは有名映画監督ですし、脚本もされており、本も出されています。

そして、テレビにも出ていられるので年収1000万以上は確実なのではないかと思います。

 

年齢は?

誕生日:1974年7月8日
出身:広島県広島市安佐南区 になります。

なので現在47歳ですね。

学校はどこ?

大学は、早稲田大学文学部です。(詳細は早稲田大学第一文学部美術史学専修を卒業しています。)

中学校は、ノートルダム清心中学校

高校は、ノートルダム清心中学校高等学校です。

 

趣味は?

西川監督は、カープファンだそうです。

しかし、特にこだわりが強い訳ではなくスポーツ観戦よくすると言っていました。(2/21 僕らの時代で話していました)

スポーツ観戦が趣味だというのは素敵ですね!

 

旦那さんは?

気になる旦那さんですが、独身の可能性が高いです。

以前にインタビューの中で、「23歳の時に是枝監督の助監督になったときに、女の幸せは諦めた。その代わりいい仕事をしようと思った」と語っています。

そのため、現在も仕事一筋のようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

西川美和さんは天才と呼ばれていますが、
23歳のときに人並みならぬ覚悟を決めたからこそ、今があるのだということがわかりました。

とにかく、生き方がカッコ良いのでこれからも応援をし続けたいと思います!