話題トレンドまとめ

同性カップルの公開質問状の内容は何だったのか?原因は小林貴虎議員のヘイトスピーチだった。

現在、小林貴虎議員が同性カップルの住所を無断で公開したことで物議を醸しています。

公開されたのは、住所名前、電話番号です。これによって毎日無言電話や中傷する言葉を含んだ電話がかかってくる様になり、
同性カップルの一人は精神的に病んでしまっているそうです。

この個人情報の公開は彼らが希望されたものかと思いきや、同性カップルが送付した公開質問状の封筒に記載されている情報を無断で小林貴虎議員が自身のブログで公開したものでした。

一般的に、議員という力のある人が公開した情報がどのようなスピードで伝わっていくかすぐに分かるものです。それなのに、なぜ公開質問状意外に書かれている情報を勝手に公開をしたのでしょうか?

公開質問状の内容が鍵となっていたので、まとめさせて頂きます。

小林貴虎議員が公開した理由は同性カップルの公開質問状への嫌がらせだった?

その理由としても、
「公開質問状自体が世間に公開されるものを前提としているので問題がないと思った。」のような旨を話しています。

また、ブログではこのように記載されており、内容としては「公開質問状から敵意を感じたから」と述べています。

このことから、個人情報を公開した理由として

「公開質問状を送ってきた同性カップルの行為に敵意を感じ、その腹いせに公開した」という文脈で読み取ることも可能ですね。

議員という立場は、多くの市民からの代表者という意味合いがあるのでそれに伴い
市民の声を拾っていく必要があります。

それなのに議員ともあろう人が、感情だけでこのような行動をすることはかなり意外でした。

この質問状の冒頭には「本質問状及びご回答は報道機関、ウェブサイトやSNS等へ、広く公表させて頂きます。ご回答頂けない場合もその旨を公表します。」と書かれているとおり、議論による相互理解ではなくはじめから公にさらすことを目的にした質問状だと理解しています。このように一方的に質問を突き付け回答を「要求」する姿勢は非常に攻撃的で敵意を感じますし、議論の末の相互理解を求める歩み寄りの余地を感じ取ることが出来ません。

三重県議会議員 小林たかとら

同性カップルが送った公開質問状の中身は何だったのか?

小林貴虎議員に送った公開質問状の内容は何だったのか?

ここには全文の画像があるので下の方に掲載させて頂きます。

簡単に説明すると

小林議員がLGBTQ +(性的マイノリティーの方)やそれを支援する人たちに対してのヘイトスピーチに対しての抗議文でした。

三重県では実際に「性の多様性を認め合い、誰もが安心して暮らせる三重県作り条例」が採決される予定です。

その中で、小林議員は性的マイノリティーの方に対して、批判的は態度をとっており、それを危惧した今回の同性カップルが声をあげたという流れになります。

今までの日本では、同性カップルは婚姻が認められない、家を購入するときにペアローンを組めない、相続人になれないなど多くの壁が存在しています。

ようやくその風向きが変わってきたのに、批判的な態度の議員がいるとなれば不安になってしまいます。

実際に小林貴虎議員がツイッターで言ったヘイトスピーチの内容を公開質問状の中から抜粋します。

  • 「お互いが愛し合っていればそれで良いのではないか?」
  • 「婚姻と同等の権利をよこせと言うことなら、同等の責任を果たせ」
  • 「多くのクローゼット当事者がこの制度(パートナシップ制度)要らないと言うのを聞く」
  • 「現行制度の中でできる限りのことをするのがスジ」

と言うように、同性カップルを認める法案に対してかなり批判的な態度をとっています。

言葉尻をとるのもアレですが、「よこせと言っている」と言う発言からも性的マイノリティーの方に対して良くない感情を持っていることがわかります。

三重県議会議員 小林たかとら

まとめ

実は小林議員は外国人女性と結婚をしており、お子さんもいらっしゃいます。
その中で、奥さんの帰化手続き等を体験されており、グローバルな体験をされているのは事実です。

本来であるならば、多様な家族の形を自身の経験から話し、守っていく制度を作っていくのに適任な人材であるのに、皮肉なものです。

今回の騒動が性的マイノリティーの方にとって良い方向に向かっていくことをただ願うばかりです。