話題トレンドまとめ

【JUNKHEAD】堀貴秀監督の年収を徹底予想!映画業界は厳しい世界だった!?

この記事を読んで分かること

 現在、堀貴秀監督の年収がわかります

2021年3月26日 といえばあの伝説的カルトムービ【JUNKHEAD】の公開日です。
堀貴秀監督が独学で映像制作を学び、監督、絵コンテ、照明、音響など全て一人で制作した映画になります。その制作期間は、7年間既にツイッターでも話題になっています。

堀貴秀監督プロフィール

 

生まれ 1971年、大分県生まれ
学歴 鷹美術研究所、インド・アメリカなどへ遊学
受賞歴 第8回花の美術大賞展
第5回別府現代絵画展
第41回スカーフデザインコンテスト
「クレルモンフェラン国際短編映画祭」の国際コンペ部門での受賞
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門グランプリを獲得
職業 本職は内装業のクリエイター

 

堀貴秀監督の年収は?

気になる年収ですが、それほど高くはないとの見立てです。

そもそも、映画監督はサラリーマンのような時給月給ではなく、一本あたり何円の世界です。

平均的に、一本あたり400万と言われています。

ただし、堀貴秀監督はこだわりが強く、一本作るのに7年間の歳月を費やしています。
そのため、別のところで収入を作っているらしく本職が内装業のクリエイターになっています。

内装業ですが、クリエイター職のためインテリアデザイナーとして算出すると

422万円になります。ここに、映画監督で作った作品や受賞した賞金等を考えると

年収500万前後ではないかと考えられます。

ツイッターの反応まとめ

 

まとめ

自分が納得するものを作るために妥協を許さない堀貴秀監督のこだわりが垣間見えた気がします。

JUNKHEADこれから日本でブームになること間違いなしです!

まとめ

    年収は約500万前後