コロナ

長崎県でクラスター発生|本石灰町「ブラックリスト」は何のお店?

長崎県のクラスター発生場所状況が分かります 

長野県は、4月20日までに長崎県で新たにクラスターが発生したとの公表をしました。
場所は、本石灰町の飲食店「ブラックリスト」です。

ちなみに長崎県では4月20日までに新たに13人のコロナ感染者が確認されています。内訳は長崎市7人、佐世保市3人、諫早市1人、長与町1人、東彼杵町1人です。

今回、クラスターの飲食店がどこにあるのか。また何のお店なのかについて調べてまとめてみました。

長崎県でクラスター発生。場所はどこ?

県によると、長崎市本石灰町の飲食店「ブラックリスト」でクラスター発生。

クラスターということもあり、住民の方も不安に感じているため場所を特定させて頂きました。

バーやスナックとして賑わっているみたいですね。

住所は〒850-0903 長崎県長崎市寄合町2になり、地図はこちらになります。

全然関係ないですが、四月上旬には特別養護老人ホーム三重の里、中旬には長崎国際大学とかでもクラスターが出ているので、結構広まっているのかもしれませんね。

長崎県でクラスター発生。場所の滞在者リスト

居酒屋尾形で新たに感染した人も公表されていました。それによれば、7人の陽性者がいるみたいです。

 長崎市は4月5日~4月13日の期間に、店舗を利用し、心配な人は長崎市保健所(連絡先 095-801-1712)に相談するよう呼びかけています。

長崎県でクラスター発生。まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはりクラスターということも追い風がかなり強めですが、

なんとか頑張って耐えて欲しいというのが正直な思いです。

みなさんの危機感を高めることは良いですが、非難や批判だけをしてお店を潰さないようにしましょう。